相続や離婚問題は弁護士に相談する~悩み解決センター~

夫婦間の問題

離婚は双方の合意があれば可能です。その際に慰謝料の問題が発生するのは、浮気や不倫、暴力等の不法行為で相手に精神的苦痛を与えた場合になります。性格の不一致や家族との折り合いが悪いといった原因で離婚に至った場合は、不法行為があったは言えない場合が多く、仮に不法行為があったとしても双方に責任が発生すると考えられます。このため慰謝料はそもそも発生しないか、発生したとしてもお互いの責任に応じて支払われることになります。このように通常の離婚では、慰謝料が請求出来るケースは限られていますが、片方が早く離婚したい場合は、相手を納得させるために法的には慰謝料の支払い義務は発生しないものの手切れ金のような形で支払っていることがよくあります。

実際の離婚協議の場合、財産分与の問題もあるため、財産分与と慰謝料の総額で金額が話し合われることもよくあります。この場合は、それぞれの内訳をはっきりさせておくことが重要です。また、慰謝料の分割払いを行うことも可能ですが、この場合は、最悪の場合、支払いがストップするリスクがあるため、最初の支払額を多めに設定した方がベターです。慰謝料は離婚前に請求しておかないと、後からの請求では、難航することが多くなります。また、一度請求を放棄した場合は、改めて請求することは出来ません。また、不法行為から3年間請求しないでおくと時効になり、請求権がなくなってしまいます。離婚を考える時は、まず専門家の弁護士へ相談を行いましょう。