相続や離婚問題は弁護士に相談する~悩み解決センター~

弁護士に依頼する

結婚生活が何らかの事情で破たんし、やむなく離婚に向けた話し合いや行動をとる際、必ずしも円満に進まない場合があります。その際、いくつかの方法により離婚相談をすることができます。 最終的に法的手段に至る前に、双方が歩み寄ることで離婚に至ることができます。 離婚相談の窓口としては一般的に弁護士が考えられます。しかし、友人や知人に弁護士がいない人は、新たに弁護士事務所を探す必要があります。 近年、結婚生活が失敗するパターンが増えています。以前はあまり見られなかったような事象も最近頻繁に起こっています。 熟年離婚や家庭内暴力に起因する離婚相談が増加しています。高齢化社会や長引く不況に伴うストレスによる、これらのケースは今後も増加していくと考えられます。

大きなトラブルを避けるためにも、弁護士を介して離婚相談を進めることが望ましいでしょう。特に最近は、この種の相談が増えていることから、知識と経験が豊富な弁護士を見つけることは難しいことではないでしょう。 かつては弁護士事務所の広告が制限されていましたが、現在は、規制が緩和されたせいで、テレビや他の媒体上で弁護士事務所の広告を見る機会が増えてきました。 知人の紹介や身近に弁護士がいない場合は、広告やインターネットなどを通して探す方法があります。その際、離婚を専門にしている弁護士を探すことが重要です。 また、予め相談内容をよく整理しておき、簡潔に分かりやすく相談できるようにしておく必要があります。相談だけでも費用が発生することを忘れてはいけません。